ホーム > 花祭について > 花祭の祭具と道具1

花祭について

祭具とは花祭の祭場の飾りつけに用いられる切紙細工や、神事に用いられる幣等を言う。 舞道具とは舞に用いられる面形を始め、手に持って舞う道具や、着用する衣裳、拍子用道具を言います。

【写真を見る】(別ウインドウが開きます。)
主な祭具
湯蓋(ゆぶた)

舞戸の中央釜の真上に飾られる方形の天蓋状のもので、白紙又は五色の紙が使われ、神々の宿る所とされ、所により違いがあります。
色々な祭具の組み合わせにより構成され、びゃっけと神道又は千道で結ばれています。


ざぜち

白紙に絵型、字型を切り抜いたもので、神部屋、神座、舞戸の四方につるす。
七、八種類のものがあるがその型は一様ではなくつるす順序も決まっていません。


梵天(ぼでん)

豊根村三沢(山内)でのみ作られていました。
家の中央の長者柱にの長押の位置に飾られます。
閣扇を三つ合わせて円形を作り、その中に白紙で畳んだ船を置き是に十八本の五色幣が挿してある。


・大神宮幣  1
・四方旗4
・船幣1
・道陸神1
・五大尊2
・富士浅間  2
・金山幣2
・宮土公1
・鍬形弊1

   合計18本が挿してあります。


花笠

「花の舞」の子供がかぶる笠。
笠は竹ヒゴで作ってあります。


花の舞